日本医療安全学会 Japan Society of Clinical Safety (jpscs) 一般社団法人 日本医療安全学会 ホームページ             English version
入会手続きの方法 活動概要と年会費 オンライン届出 オフライン届出


日本医療安全学会について
 学会の主旨
 学会会則
 役員/委員会

学術総会
 設立記念講演会 
 第1回総会 
 第2回総会 
 第3回総会 
 
 医療安全学会賞 

学会誌「医療と安全」
 投稿規定
 創刊号 
 通巻2号
 通巻3号
 通巻4号
 通巻5号
 通巻6号
 通巻7号


学会認定「高度医療安全管理者」制度
 資格の目的
 履修・申請の方法
 資格取得者の一覧

学会認定「高度医薬品安全管理者」制度
 資格の目的
 履修・申請の方法
 資格取得者の一覧

多職種間学際シンポジウム
第1回シンポジウム
第2回シンポジウム
第3回シンポジウム
第4回シンポジウム




ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)
日本医療安全学会のフェイスブック

日本医療安全学会のツィター

日本医療安全学会のLinkedIn






〒113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102
 Email:
 office@jpscs.org

 TEL/FAX:
 03-3817-6770










賛助会員
規約
賛助会員一覧

協賛企業等一覧




















  

日本医療安全学会 Japan Society of Clinical Safety (jpscs)

輝く医療と安全・安心
Bright Healthcare, and Safe & Secure

-- 質的手段と量的手段から輝きあふれた医療を推進する --


(学術の趣旨)
 医療の究極の目的は命の神秘な輝きを実現することにあります。そのための手段として安全・安心な医療が必須です。

 本学会は、医療現場が日常抱えている安全・安心問題を解決するために、質的手段と量的手段によって、特定の固定観念にとらわれず、幅広く様々に複雑な状況へ柔軟に対応し、現場に即した実践的な安全・安心文化、輝きに満ちた医療の構築を目指します。
 この目的を達成するために、各種の安全管理責任者が本学会の理事・評議員として医療における各種の安全・安心分野を編成し、多職種横断ならびに学際的研究の2つの視点から活動を展開しています。


  以上から、本学会のキーワードは現場的、実践的、柔軟性、多職種横断および学際研究です。この広領域の諸課題を以下の観点から検討します。

医療安全の基本フレーム、医療安全の質的研究、医療安全の量的研究 (ビックデータなどの数量解析)、リスクマネージメントと医療経営・経済学、リスク情報学、安全工学(品質管理)、システム工学、安全心理・行動学、ガバナンス (組織学、透明性、リーダシップ、など)、臨床安全コミュニケーション、臨床安全コーチング、など。


このような独特な特徴を持つ本学会は、皆様が現場で抱えている安全・安心問題の共通部分について多職種横断によって問題意識と解決策を共有・共感し、同時に各専門分野での安全向上に努め、日々に高度に発達していく巨大かつ複雑な医療現場での安全・安心文化を構築します。

(対象者)
 医療従事者、総括医療安全管理者、専従医療安全管理者、専任医療安全管理者、医療クライシスマネージャー、医療リスクマネージャー、歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者、医薬品安全管理者、その他の医療福祉関係者全般、 安全科学・工学関係者、安全心理関係者、危機科学関係者、リスク学関係者、法行政関係者、臨床心理関係者、医療コミュニケーター、医療安全対話推進者、医療メティエーター、行動学研究者、情報関係者、市民、その他。



トピックス


第5回日本医療安全学会学術総会      

--- 臨床リスクアセスメント、臨床リスクマネージメント、臨床リスクコミュニケーション、臨床リスクガバナンス ---
--- 臨床クライシスアセスメント、臨床クライシスマネージメント、臨床クライシスコミュニケーション、臨床クライシスガバナンス ---

会期: 2019年2月9日(土)〜10日(日)
東京大学 本郷キャンパス (定数3000名)

総会共同会長:
松村 由美  (京都大学付属病院医療安全管理部部長、同教授)
岡田 有策  (慶應義塾大学理工学部管理工学科ヒューマンファクター研究室教授)
衣川 さえ子 (東京医療保健大学立川看護学部母性看護学教授)



* 医療安全認定臨床コミュニケーター養成研修会2017 (リスクコミュニケーション編) 2017年2月17日〜17日、 東京大学
* 医療機器安全のための企業研修会 2017年5月6日(土)、 東京大学
* 医薬品安全のための企業研修会 2017年5月7日(日)、 東京大学
* 医療安全倫理・モラル研修会2017 2017年6月11日(日)、 東京大学
* 医療安全基礎講座2017 2017年7月5日〜7日、 東京大学
* 医療事故調査教育セミナー2017  2017年8月5日〜6日、 東京大学
* 医療安全認定臨床コミュニケーター養成研修会2017 (クライシスコミュニケーション編) 2017年9月16日〜17日、東京大学
* 日本医療安全学会第4回多職種間学際シンポジウム 2017年9月23日、和歌山
* 医療安全教育セミナー(実践編) 2017年10月20日〜22日、東京大学
* チーム医療安全教育研修会 2017年11月11日〜12日、東京大学
* 医薬品安全管理研修会2017年秋季 2017年12月2日〜3日、東京大学
* 医療安全教育セミナー2017年度冬期 (ヒューマンファクター編) 2018年1月22日〜24日、東京大学


* 医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修2018年度基礎編
   (第9年目) 概要

2018年3月14日(月)〜15日(水)、 東京大学

定数になり次第、締め切ります。



* 日本医療安全学会 第5回多職種学際シンポジウム

2018年9月16日(日)、 福井県民ホール



公開情報

2018年
2月19日:
第5回日本医療安全学会学術総会は2019年2月9日(土)〜10日(日)に東京大学で開催されます。
2月18日: 第4回日本医療安全学会学術総会は盛会に終了しました。
1月30日: 第4回日本医療安全学会学術総会の抄録集(電子版)の配信。
1月12日: 第7回臨床安全世界会議(2018年9月、スイス)の演題申し込み受付開始
1月12日: 第4回日本医療安全学会学術総会のプログラム
1月11日: 第4回日本医療安全学会学術総会の事前参加申し込みを締め切り
* 理事ならびに代議員の公募/改選に関する内規が理事会にて満場一致で可決されました。... 2017年12月20日
* ニースレターが発行されました。... 2017年11月16日
* 学会誌「医療と安全」の投稿規定に、利益相反に関する開示事項を追記しました。... 2017年11月9日
* 第4回日本医療安全学会学術総会の演題申し込みを締切ました。... 2017年10月23日
* 第7回臨床安全世界会議(2018年9月、スイス)のホームページを公開しました。--- 2017年10月1日
* 第4回日本医療安全学会学術総会の演題申し込み締切を10月22日へ変更しました。... 2017年10月1日
* 第7回臨床安全世界会議は2018年9月にスイス・ベルン市で開催されることが決まりました。--- 2017年9月25日
* 日本医療安全学会第4回多職種間学際シンポジウムの開催が近づきました。当日申し込みも可能です。... 2017年9月18日
* 第4回日本医療安全学会学術総会の参加申し込み受付を開始しました。詳細は第4回総会ホームページを参照してください。... 2017年9月1日
* 学会機関誌「医療と安全」7号(電子ジャーナル)を会員へ配布しました。--- 2017年8月31日
* 第6回臨床安全世界会議の概要 (最終プログラム入り) --- 2017年7月15日
* 日本医療安全学会第4回多職種間学際シンポジウム (2017年9月、和歌山)を開催します。
* 第4回日本医療安全学会学術総会の演題申し込み受付を開始しました。詳細は第4回総会ホームページを参照してください。... 2017年6月1日
* 第4回日本医療安全学会学術総会のホームページが開設されました。... 2017年4月12日
* 第4回日本医療安全学会の開催日程が決まりました。--- 2017年3月19日
* 第3回日本医療安全学会は全国からきわめて多数の参加者により盛会に開催しました。--- 2017年3月19日
* 医療安全用語集が発行されました。--- 2017年3月13日
* 第3回日本医療安全学会学術総会のプログラムを掲載しました。--- 2017年2月12日
* 医療安全のためのH-Rモデル --- 2016年9月26日
* 理事会決議による声明--- 2016年8月26日
* 医療安全功労賞の設置について--- 2016年8月20日
* 医療機関からの安全管理者の求人案内について--- 2016年7月25日
* 「学会認定の高度医薬品安全管理者」資格制度が始まりました。--- 2016年5月12日
--- 2016年4月28日
* 日本医療安全学会学会賞について--- 2016年4月1日
* 学会認定「高度医療安全管理者」資格制度が開設されました。  --- 2015年3月10日






* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

第7回臨床安全世界会議

2018年9月7日(金)〜8日(土)

スイス・ベルン市

ホームページ   ポスター    概要 (和文)

挨拶(英文)    挨拶(和文)


公用語: 英語のみ。 他言語への通訳なし。

演題申込期間:  2018年2月1日〜4月30日

参加申込期間:
  演題発表者: 2018年4月1日〜5月31日
  その他:   2018年4月1日〜8月15日

      ⇒ 演題登録フォーム (企業以外の方)

      ⇒ 企業からの演題登録 

一般演題(口演/ポスター)申込期間: 2018年2月1日〜4月30日
 申し込まれた口演はパネル討論会へ編入します。

     JMSへの論文投稿規定



      ⇒ 参加申込書

参加申込期間: (演題発表者) 2018年4月1日〜5月31日.
         (その他) 2018年4月1日〜8月15日

  ⇒ 企業等協賛申込

国際医療リスクマネージメント学会は、2002年にスイスにて世界の主要な有力大学の教授陣を交えて、医療における安全科学に関する世界学術団体として発足させました。 世界の学術振興のため、米国、英国、カナダ、ドイツ、日本、スペイン、イタリア、スウェーデン、オーストリア、ロシア、マレーシア、コスタリカ、イランなどで国際会議を開催しました。

スイスは氷河によって多数の森と湖が形成され、世界有数の観光地。
世界文化遺産である首都ベルン市は美しいスイスの中心に位置し、ジュネーブ、チューリッヒ、ローザンヌなどスイス各地への交通の要所です。 スイスアルプスの山々をかけめぐる氷河鉄道の旅。マッターホルン、アイガー、ユングフラフなどに辿り着き、ロープウェーから山頂へ。標高5千メートル近くの眼下には広大な氷河。
アルプス山中には無数の美しい牧場があります。スイスを旅した哲学者ジャンジャク・ルソーは、その絶景に驚愕し、「自然へ帰れ」という考えへ。 彼の自然回帰運動と教育論は今でも欧米の人生論の基本となっています。スイスの絶景は人間は何であるかを良く教えてくれます。
ベルン市は相対性理論を生み出したアルベルト・アインシュタインの生まれ故郷。時が止まり、黄金の光に満ちたベルン市。百年先を見つめるスイスの教育。
静かで美しい大自然の中でのひと時は、真の医療が何を考える絶好の機会です。


ベルン市観光ガイド  スイス観光ガイド












賛助学会からの情報
世界学会の日本語ニュース
ニュースレター(国際)









医療安全教育研修会




臨床安全世界会議 (公用語:英語)
第1回 (2012年、英国、ロンドン)
第2回 (2013年、ドイツ、ハイデルベルグ)
第3回 (2014年、スペイン、マドリッド)
第4回 (2015年、オーストリア、ウィーン)
第5回 (2016年、米国、ボストン)
第6回 (2017年、イタリア、ローマ)
第7回 (2018年、スイス、ベルン)







(厚労省)医療安全支援センター
(厚労省)医療事故情報収集等
(厚労省)医療事故調査制度
(厚労省)産科医療保障制度



社会人向け医学教育
東北大REDEEM


患者・家族メンタル支援学会


(C)2013 JPSCS    このホームページはリング自由です.